読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学生の日常

大学生の僕が日々考えてることや、日常で起きたことをダラダラと書いていきます。人生なんかに意味なんかない。今この時を楽しむ。

永遠の0を見た感想

百田さんの永遠の0は今年の最初に読んだ。

 

とても感動してゼロ戦マジかっけえと思って一時期ゼロ戦にはまるほど影響を受けた。

 

早く映画が見たいと思っててやっと見ることができた。

 

岡田の演技がなというかすごいの一言だった。

 

かっこいい一面もあり、弱い一面もある岡部さんの役にあっていたと思う。

 

映画はCGもすごくてすごい迫力だった。

 

戦闘シーンもすごかった。

 

この作品は戦争を忘れないでほしい、若い人には戦争についてもっと語り合ってほしいという思いが込められているんだと感じた。

 

戦争を体験している世代はもうほとんど残っていない。

 

だからこそ戦争を体験した人の話を生で聞ける時間はもう少ない。

 

だから僕は戦争を経験した人の話を生で聞いてみたい欲求にかられた。

 

戦争を体験して今まで生きてきた人は相当な苦労をしている

 

僕らの世代とは比べ物にならない苦労だと思う。

 

僕なんかが苦労しているなんか言えるレベルじゃない。

 

どんな生活をして、どうやって日本が変化してきたかとても気になる。

 

この永遠の0はとても考えさせられる作品だと思う。

 

特攻で死んだ人には一人一人の生活があり、人生があり、その命が一瞬にして奪われる。

 

そのなくなった命を大切にしないといけない。

 

戦争ではたくさんの命が奪われた。

 

僕はその時代には生まれず、平和な時代に生まれた。

 

それだけで感謝しなければいけない。

 

僕はこの素晴らしい日本に貢献できることをしたいと思った。

広告を非表示にする