俺の日記

人生にハンドル遊びを

人間の最高の宗教はお酒ではないか。

宗教というのはいろんな宗派が存在している。
大きなものから、小さなものまで。

人間はなにか頼れるものがなければ生きていきません。

 

それは親であってもいいし、友達であってもいいです。

しかし根本の部分で大人の大部分を支えているものはなにか。

それはお酒です。

 

大人の楽しみはいろいろあるが、ほとんどの人はお酒を飲むことが楽しい。

子供のころはなんで大人はみんなお酒を飲むんだろう、ビールなんてあんなもの飲み物ではないと思っていた。

大学生になりお酒を覚えはじめ、時間が経つにつれてお酒を飲むことが好きになっていった。

 

酔うとは気分が良くなり、楽しくなり、けっこう普段では言えないことを言えたり、

女性に対して口説くこともできるようになることを知った。

だって普段ではできないことができるようになる雰囲気ができ、気持ちも高ぶる。

これはどこの宗教よりも効果があるんじゃないだろうか。

 

僕たちは酒で生きているともいっても過言ではない。

ボクたちはみんな大人になれなかったを読んで。

この小説には傷をひとつひとつ思い出させる。

誰もがいろんな思いを心に抱えている。この主人公のように。

出版される前からこの小説はかなり注目を集めていた。

本の帯も糸井重里吉岡里帆大根仁ホリエモン二村ヒトシなどの有名な人が感想をよせている。

そんだけすごい本なんだと思う。

 

今大人気の吉岡里帆はこう感想を述べている。

男心ってやつが、ちょっと分かってしまった。こんな恋なら、一生忘れられなくてもいいから、してみたい。

 

 

スッ素晴らしい。

いい言葉ではないか。

 

心の傷があるのはつらいけどたまに薬をつけて化膿する傷跡をケアすることが必要なんだと思う。

作者の燃え殻はほんとに半端じゃない言葉で投げかけてくる。

ぜひともこの小説の世界にどっぷりはまってほしい。

 

最近noteで連載された小説が本になることが多い。

僕もnoteでデビューが決まった本を他にも読んでいるがとてもおもしろい本が多い。

他の本よりも生々しく、リアルに、直球で心に響いてくる。

 

asenari78.hateblo.jp

 

心の傷

 

 

僕の初恋は16歳の頃だった。

小学校の同級生の子と夏祭りで久しぶりに再会した。

彼女の浴衣姿は衝撃的だった。今でのあの赤いきれいな模様は鮮明に覚えている。

きっとこれからもどんな女性に会ってもこの思い出は残るんだと思う。

でもこの強烈な思い出を持ち続けながら生きるのはとてもしんどい。

誰もがこんな思いでが1つはあるんだと思う。日々の忙しさに忘れることもあるけど、ふと暇な時に、さみしい時に思い出すんだろう。

 

彼女とはそれからずっと連絡を取り合っていた。大学生になり、彼女は関西の大学に。

僕も関西に決まった。電車で1時間くらいで会える距離にいた。

 

最初の頃は遊んで、ご飯を食べて、彼女の家に泊まったりしていた。

でもなにも起こることはなかった。

僕はずっと好きだったけど。幼馴染の壁を越えることはできなかった。

 

するとある時彼女には30歳フリーターの彼氏ができたことを知った。

 

もうズタボロに僕は傷を負った。

 

初めての失恋を経験した。

 

 

 

若い人も、おじさんも、おばさんも、おじいさんも、おばあさんも、みんないろんな傷を負っている。

それを抱えながら生きている。

たまには傷を見直すことがいるんではないか。時間がたてば傷が治っているかもしれないし、逆に化膿しているかもしれない。

 

ぜひみなさんも「ボクたちはみんな大人になれなかかった」を読んでみてください。

 

 

 

若者に贈る。コスパのいい髭剃りはこれだ。

私は髭が濃厚です。

ですから、毎日剃らなければいけません。

学生時代は伸ばしてもよかったのですが、就職などしたら髭を伸ばすことはできません。

どの方法が楽で、コスパがいいのかいろんな方法を試してきました。

カミソリがいいのか?髭剃りがいいのか?

 

カミソリのいいところは深く剃ることができるところです。

しかし、毎日顔にクリームをつけ、剃るという行為は少しめんどくさいです。

肌へのダメージもカミソリの方大きいです。

 

その点電気シェーバーはとても楽に髭を剃ることができます。

朝起きて、朝飯を食べながらただブーンとすればいいだけです。

でもカミソリよりかは深くはそることはできません。

 

髭が濃ゆい方はカミソリがおすすめかもしれません。

薄い方は電気シェーバーで十分でしょう。

 

髭剃りをした後はきちんと肌の手入れをすることが大切です。

 

それではおすすめを紹介します。

 

 

 

 

俺の一押しはこれだ<カミソリ編>

 

髭が濃ゆいので、カミソリを使うことが多くいろんなものを試してきましたが、

深く剃ることができ、耐久性も強いカミソリというのはこれしかないと思います。

 

フェザー エフシステム サムライエッジ ホルダー 替刃2個付 (日本製)

 

その名もサムライエッジ。かなりカッコいい名前です。

made in japanです。やはり日本製は最高です。

 

カミソリといったらジレットフュージョンなどが有名ですが、

あまり知られていないサムライエッジがおすすめです。

 

ジレットフュージョンは深く剃ることができますが、なんといってもカミソリの耐久性が弱い。1週間使ったらダメになります。

その点サムライエッジは2週間くらい使っても剃る力は落ちません。

コスパも良く、かっこよく、耐久性も強い、

ぜひともサムライエッジをおすすめしたい。

しかし、市販の薬局などにはあまり置いてません。

ドンキなどにはたまに置いてあります。

 

ポイント

安い

耐久性が強い(刃をあまりかえなくても大丈夫)

薬局などに売っていない。(ドンキにはたまにある)

 

 

 

俺の一押しはこれだ<電気シェーバー編>

 

電気シェーバーはいろんな商品があります。

高級品から安いものまで。

高いものは使ったことはないですが、安くていい電気シェーバーと言えばこれだと思います。

IZUMI VIDAN 往復式シェーバー ソリッドシリーズ 3枚刃 レッド IZF-V26-R

 

IZUMIN VIDANです。

3000円くらいで電気シェーバー中では一番安いのではないのでしょうか。

安いからと言ってあなどってはいけません。

とても良く剃ることができます。

水につけても大丈夫なので、お風呂に入りながらも使えますし、充電も1時間で満タンになります。

そしてこのかっこよさ。彗星のシャアのようなこのフォルム。一目ぼれです。

これも日本製。

 

ポイント

コスパ最高

水につけても大丈夫

安いのに良く剃れる

充電は1時間でできる

かっこいい

 

 

まとめ

自分の髭の濃ゆさに合ったものを使いましょう。

髭剃りの世界は広いなと思います。

いろんな商品があります。

ぜひ自分に合ったものを見つけれると世界は広がります。

 

 

 

クオリティが凄すぎる。ネットフリックスドラマ「秘密の森」

f:id:asenari78:20170628225847p:plain

 

なんだか目に入ったので適当にネットフリックスで見ていたら完全にドはまりした。

ネットフリックスのオリジナルはほとんどがアメリカなどですが、アジアでもこんなにもクオリティの高いものが作くれるんだとすごくうれしい気持ちになりました。

あらすじはこんな感じ

頭は切れるが冷徹な検察官と、破天荒な女性刑事。正反対の2人が追うのは、ある殺人事件の真相。だがその裏には、組織内部に横行する深刻な不正が絡んでいて…。 netflixより引用

 

 

 

f:id:asenari78:20170628231501j:plain

主演はチョ・スンウペ・ドゥナが出ている。

 

 

この検事役を演じるチョ・スンウがめちゃくちゃかっこいい。

外人でも、日本人でも出せない雰囲気を醸し出している。

かなりクールで、頭がキレる役柄だ。

ホントに惚れる。間違いなくあなたは惚れる!

 

ペ・ドゥナはかなり映画に出ているから知っていたが、僕が初めて見たのは「私の少女」という映画でかなり好きになった。

女性刑事を演じるペ・ドゥナはかなり陽気な性格で検事と一緒に事件を解決していく。

 

まあなんといってもストーリーがめちゃくちゃよくできていて、クオリティがアジアのレベルを超越しているなと、日本ではこんなクオリティのものは無理だろうなと感じるほど素晴らしい。

 

エミー賞に6部門でノミネートされた大人気ドラマ「ザ・キリング」と似ているような雰囲気を感じる。

 

一つの事件がいろいろな事を暴き出していく。

誰が犯人なのか。動機はなんなのか。愛か、お金か、権力か、それとも。

権力が絡み合うずぶずぶなドラマはたくさんあるが、この作品はなんだかリアルに、深く、考えさせられるものになっている。

 

僕はこの「秘密の森」を見れてとてもうれしかった。

なぜかというと。アジアでもこんなにも素晴らしい作品を作れるんだということが知れたから。

ネットフリックスのドラマなんてほとんど外国で作られたものだ。

しかもそれがまじで半端なくおもしろい。このクオリティはアジアは絶対作ることはできないと思っていた。

だが、この作品でそれが間違いだと思わされた。

 

ぜひみなさんもお試しあれ。

 

 

もう今の若者は気づき始めているよ。

会社という場所は幻想なんだって、拘束力はもうないよって話。

こんだけ情報が溢れている世界になってしまったからいろんな場所の裏表が見えるようになった。

だから変な根性論とか、意味のわからないやり方なんかを押し付けている会社があるならばすぐにこれは変だと若者は気づいてしまう。

 

僕の周りの新卒の子たちもまだ会社に入って3か月くらいしかたっていないのにもう先が見えたって言ってる。

なんで上の人達はこんなにつまらないことをできるのかって不思議に思っている。

こんだけネットも発達した自由な世界になったのにこんなにもつまらないことをしているのか。

 

たぶん洗脳しかない。

長い間サラリーマンしていたら頭は凝り固まってしまう。

土日しか休みがなく、長い労働時間だったら他の事をする時間が少なすぎる、、ましてや勉強する時間もない。

だんだんと他の事をする気がなくなってしまい、ただ働くだけになってしまう。

ただ仕事をたんたんとすることを今の若者は耐えられないと思う。

いい未来か、報酬を見せてくれないと動いてはくれない。

 

他の国にはない新卒採用はありがたいが、ほとんどの人は最初についた会社が合うという人は少ないようだ。ほとんどがミスマッチに終わる。

 

なにも経験ない奴を雇ってるんだからだまって働けと言われたらおしまいだが、

いろんな企業の人は若者の確保が大変になってきているようだ。

大企業を除いて。

ほとんどが中小企業なのだから中小企業ががんばらないと日本は元気にならない。

でもこれから若者が少なくなり、企業は人材確保が難しくなると思う。

給料を上げるか、組織を変化させるか、休みを増やすかなにか変化をせざるをえない状況になるだろう。

あと2、3年後くらいには変化しているだろうか。

 

 

 

bishの神戸のライブに行ってきた。

f:id:asenari78:20170625185933j:plain

 

bishのライブは今回で2回目。

神戸のライブハウス神戸Harbor Studioで開催された。

このライブハウスはまだ最近できたばっかで倉庫を改築して作られた感じで神戸らしさが出ていてとてもよかったが、一つ問題点があるとすればライブハウスの中に大きな柱が2本ありそれがじゃまで見えないというところがある。それ以外はいいと思うが。

 

今回はツアーのセミファイナルということだった。

ファイナルは幕張メッセで7月に開催される。

 

f:id:asenari78:20170625184919j:plain

 

チケットはソールドアウト。

会場はかなり盛り上がっていた。

ツアーのファイナルは幕張メッセで開催される。

 

 

 

披露された曲は新曲をまぜ合わせながら昔の曲まで余すことなく堪能できた。

メジャーデビューを果たしての最初のツアーである今回。

さらにパワーアップをしているように思えた。

たくさんの新しいファンが見に来ているようで、もっとbishを広めないと勿体ないと感じさせるアイドルだと思う。

幕張は9000人という今までではありえないキャパが用意されている。

埋まるのだろうか。

しかし、これまでのbishのライブ、曲に触れる人が多ければ好きになる人は増える。

幕張ではこれまで以上のすごいライブが見れると確信している。

bishのパフォーマンスには心を奪われる。

 

 

もはやbishはアイドルではなく、アーティストだ。

アイドルというジャンルも昔のようにアイドルアイドルしておらず、今のアイドルの世界はオタクだけが楽しむ狭い範囲のものではなく、もっと一般の音楽好きの人でも楽しめるアイドルが主流だと思う。

 

 

 

とりあえず、bishの曲は捨て曲がない。

盛り上がるものから、しっとり系まで網羅しており飽きることがない。

清掃員と呼ばれるファンからの「コール」もたくさんあり、楽しい。

ロックとアイドルを掛け合わせたようなイメージだ。

アイドルファンだけでなくても、ロック好きでも、jpop好きでも誰でも聞きやすく、

すっと心に響く。

 

作曲は松隈ケンタがほとんどを作っているが、作詞をメンバーがしている曲もある。

メンバーの個性が歌詞に反映されていて、彼女たちがなにを抱えて、なにを伝えようとしているのかを感じとることができる。そんなところもいい。

松隈さんはいろんなアーティストに音楽を提供している。

(キスマイや、柴咲コウ私立恵比寿中学でんぱ組.incなど有名ところに提供している。)

 

bishに一度ハマってしまうと抜け出すことは難しいだろう。

次の幕張が楽しみで仕方がない。どんどん彼女たちは進化していくだろう。

bisが叶えることができなかった武道館というステージにたどり着くことを夢みて今日も彼女たちは踊り歌い続ける。