読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学生の日常

大学生の僕が日々考えてることや、日常で起きたことをダラダラと書いていきます。人生なんかに意味なんかない。今この時を楽しむ。

テレビ崩壊の先陣が切られた。

動画配信サービスが熱を帯びてきている。

netflix,hulu.u-next,amazonprime

たくさんの会社が動画の配信をしている。

徐々に利用する人は増えてきている。

少し前にも動画配信のサービスはあったが、時代が追いついて居なかったんだと思うが、利用者は少なかった。

それはまだテレビがおもしろいと思われていたから。

だが今のテレビはどうだろう。やらせ、おもしろくない。そんなことが業界には包まれている。

世間の目が厳しくなり、おもしろい番組なんて作れるわけない。

狭い世界で作られた番組なんてどう考えてもおもしろいものなんて作れるわけがない。

なんでもありの世界、自由を感じさせてくれるのがテレビじゃなかったのかよ。

使えるお金も少なくなり、大きな企画もできない。

こんな状態じゃどうしようもない。仕方がない。

これは僕たち世間の人間が作り出してしまった状況だ。

 

テレビ局も放送した番組を後日に配信するサービスを始めた。これはまあ便利だとは思うが、配信してcm流すだけのなんてことないサービスだ。

それに比べて動画配信サービスではその会社ならではのオリジナル企画を作り、それによって客を増やしている。

配信する作品はたくさんあるが結局どこの会社もあまり配信されている作品の種類はあまり変わらないし、同じものも多い。

だがオリジナル動画がそれぞれの会社では作られるから、それが大きな売りとなっている。

これからはオリジナル動画の質によってその会社が利用されるのか審査されだろう。

まあ動画配信のサービスでは潤沢なお金も使えるし、視聴者の目をあまり気にすることなく作ることができる。

これから番組はテレビ局が作るんじゃなくて、動画配信会社が作る時代に突入した。

配信会社のほうが面白い番組が見れるんだ。

 

今回amazon prime から配信された松本人志が作った「ドキュンメンタル」

これを見た時に鳥肌が立ったし、これはおもしろいとホント心の底から思った。

それは松本人志が考え付いた史上最強のお笑いだったのかもしれない。

でもこれはテレビから離れたからできたことだとも思う。

視聴者にお安いお客さんはいらない。本当にお笑いを好きな人に見てほしい。

周りの人を気にせずに自分だけがおもしろいと思う企画を作ることができる。

この自由が動画配信サービスにはある。

楽しみでしかたない。

これから面白い人たちがおもしろいものを生み出す場所はテレビではなく、

動画配信サービスにおいて作られるだろう。

 

広告を非表示にする