俺の日記

人生にハンドル遊びを

日本の映画はどうして落ちているのか?

日本の映画のレベルが落ちているということで。

僕は日本の映画も好きだし、海外の映画も好きです。

日本の映画には日本のいいところがあると思うし、海外には海外のいいところがあると思う。

 

今の時代映画はパソコンでもスマホでもすぐに見ることができる。

手軽に見れるというのが映画だと思う。

でも昔は映画に対してのワクワク感があったし、あの大きなスクリーンで見ることに大きな価値があったと思う。

映画は大きスクリーンで見るものから手軽に見れるものに変わってしまった。

そこには見る人の態度の変化があると思う。

 

今映画館で見る人は新作を楽しみにして映画を見るか、映画が好きなでたくさん見ている人くらいしかいないと思う。

テレビやcmで大きく宣伝されている映画が気になって見に行く。

そういう人は多いと思うが、ほんとに映画が好きでいろんな映画を映画館で見るという人は少ないように思える。

ましてや若い人は見に行く人は少ないと思う。

僕の周りでもほんとに少ないように思える。

もっと映画を見ることでいろんな感情を受け入れることができると思う。

 

いろんな映画に触れないから、いい映画なんてわからないし、

ましてや映画館に足を運ぶ人も少ない、映画を楽しみにしている人も少ない。

そんな状況だからこれから若い人からいい映画監督は出てくるんだろうか。

若い人の感情が劣化していってるのではないか。

 

しかも流れ的に原作を映画化が多い。

それに興味を向ける人は多いがほかに興味を向ける流れが今ないように思える。

もっとおもしろい映画を欲しがる雰囲気が欲しい。

広告を非表示にする