俺の日記

人生にハンドル遊びを

こんな世の中誰がした

 

昔からしたらなんでもそろって、便利になっていて、なに不自由ない生活ができる。

昔の人が今の世界を見たらびっくりすること間違いない。

でも

人間としての豊かさの部分で考えたらどうなんだろう。

snsもあり、いろんな便利な電気機械もある。

でも全然幸せに人類がなっているとは思わないんですけど。

どんどん貧富の差が広がってこれからももっと差は開いていく。

 金の問題がでけえ。貧困だと金の工面で一杯一杯。そしたら人生も楽しめることの範囲が狭まってしまう。

金のあるやつはいろんなことができる。金のあるやつからしたら

どんだけいい世の中になったんだろうと思うだろ。

 

この差ってなに。

それがホントに許せない。

世界を変えることはできないけど。まず自分の考えを変えるとこから始める。

 

もう欲望なんてキリがねえ。金なんて追い求めても終わりはない。

気づこうよ。中道が一番いい。中間。なんでもなさすぎもいけないし。ありすぎもいけない。

「貧乏は、なんでも欲しがる欲望がある人が貧乏だ。」

 

物があふれても満ち足りない人がいる

別に物を欲しがらなくても、物がなくても満ち足りている人がいる。

物には命がない。人間は命あるものから幸福になれるものを貰うことができる。

ウルグアイの元大統領の言葉を聞いて。これだと思った。

人からいろんなものを貰ってる、だからそれはきちんとお礼として人に貢献できるように尽くす。人と人の関係が大切。

人間を取り戻さなくてはならない。物じゃない人だ。

 

 

 

広告を非表示にする