読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学生の日常

大学生の僕が日々考えてることや、日常で起きたことをダラダラと書いていきます。人生なんかに意味なんかない。今この時を楽しむ。

守護霊は記憶だ

本に書いてあったこの言葉とても印象に残った。

だから思い出話って尽きないし、浸ってしまう。

そんだけ人間には必要なものなんだ。

 

思い出は自分のいいようにも解釈できるし、悪い方向にもできる。

悪もあるし、善もある。

その人だけの歴史となって自分という中に脈々と語り継がれる。

 

 

浸るだけじゃなくてそれを経験として生かさなきゃ意味ない。

同じこと繰り返していても意味ない。

 

自分の中で記憶を整理する作業がいる。

紙に書きだすでもいいし、ブログに綴ってもいい。

過去の記憶を自分はどう感じているのか、どう生かすのか。

 

 人の記憶に残るのはストーリーなんだ。おもしろいエピソードを持っている人って記憶に残るでしょう。

だから自分のストーリーを持つことで人にも自分という存在を強烈に残せるし

これからの人生にもいいエッセンスになる。

 

たまに記憶を振り返ることが大切。

広告を非表示にする