大学生の日常

大学生の僕が日々考えてることや、日常で起きたことをダラダラと書いていきます。人生なんかに意味なんかない。今この時を楽しむ。

パンクシンドロームを見てきた

この映画は障害者の人たちのパンクバンドをドキュメンタリーで追う物語。

舞台はフィンランド

グループのメンバーはみな障害を持っている。

でもきちんと演奏できるしカッコいいし、ライブもするし、観客も盛り上がる。

パンクだ。

 

本当のロック魂を感じる。いろんなものを背負っている。生活するのにも大変さもある。

でもそんなことを感じさせない前向きさ。感情もあらわにするし、

言いたいこともいう。ぶつかり合いもする。

不器用でも一緒にみんなで作りあげる。

その姿がめちゃ素晴らしい。人間の可能性を感じる。

 

 

人間らしさとはなにかと考える。

好き勝手に生きるというのとは違うが、近いのかもしれない。

不器用でも、感情を表しても、前向きに生きることが大事なんじゃないか。

いろんなつまずきはある、人生でこぼこ道。

 

 

彼らは人生に対してしょうもないことで悩んでいない。

目の前のことを一生懸命に頑張る。

 

自分は五体満足でなにも不自由しない。

そんれなのに小さなことをくよくよ悩んでると思った。

ホントしょうもないなと。

人間意識しないと勝手にくよくよ悩んじゃうんだな。

 

人生の楽しさ、音楽のすごさ、人間のパワーを感じれるとてもいい映画。

ぜひ。

f:id:asenari78:20150404224810j:plain

 

 

広告を非表示にする