読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学生の日常

大学生の僕が日々考えてることや、日常で起きたことをダラダラと書いていきます。人生なんかに意味なんかない。今この時を楽しむ。

探偵ナイトスクープを知っていますか?

関西限定で放送されているナイトスクープというテレビ番組。

関西では人気の番組だ。

関東の人はテレビで見れないなんてなんて悲しいことだろう。

 

毎週金曜日僕は楽しみに待ちかまえ見ている。

 

 

 どんな番組かというと。

 視聴者から送られてきた悩みだとか、疑問だとかを探偵に見立てた芸人が解決するというシンプルな番組。

実際に一般の方が出てくるのでリアル感もあり素人感がとてもいい。

 

その悩みだとかがとても小さいことやくだらないんだよ。

大それたことではなくちっぽけなことでもなんでも真剣に解決するんだ。

理由なんていらねえ。とりあえずなんでも取り組むって感じ。

 

現代はいろんなことに意味づけをして、

自分にメリットがないとやらない、利益がないとやらない、理由がないとやらない。

そんなところが多いと思う。

 

でもこの番組はそんなことは感じさせない。

とりあえず何でもやる。

なんかそんなところが面白いし、感動するんだよね。

 

この前なんか6歳になる子が一休さんにあこがれて出家したいというから、

寺に1日修行させてキツさに気づかせてほしいってゆう依頼があった。

まあその子はもちろん親と離れることはつらくて泣いて寺に向かったんだ。

でもそこの寺に来てからはもう1人前になるまでは家に帰らないって言い張る。

頭も坊主にして。

しかもちゃんと座禅もするは掃除もするわで。6歳でだよすげえいい子なんだよ。

途中で「お母さんに会いたくないん?」って探偵がきいたら。

「お母さんに会えないのはつらいけどお坊さんになるまでは会えない」っていうの

もう涙出るわそんな。

それでね最後にね探偵がね子供を家に帰らせるために1休さんのエンディングテーマを流すのそしたらね。

最初のイントロでその子供はもう涙が出てるの。

それで後ろからお母さんが泣きながら出てくるんだよ。

それでお母さんが泣きながら子供を抱きしめて「帰ろう」って言うの。

 

もう最高でしょ。

みんな号泣ですよ。

そんな感動もあるんですよ。

 

 意味のないことでもなんでも僕はやる。

どうせこの世は空なんだから。

 

そんな素晴らしい番組を皆さんぜひ見てください。

 

広告を非表示にする