読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学生の日常

大学生の僕が日々考えてることや、日常で起きたことをダラダラと書いていきます。人生なんかに意味なんかない。今この時を楽しむ。

童貞の俺が飛田新地に行ってきた

飛田新地とは大阪の天王寺にある風俗です。

 

まあそれはすごいとこですよ。

気になる方は調べてみてください。

 

童貞を卒業したいから風俗に行きたいとかゆう理由じゃなくてなんか俺の性欲が爆発しそうだったんで行こうと思った。

1人で行くのにはやはり勇気がいる。でも俺は1人で乗り込んだ。

 

飛田新地はほかの風俗と違っておばあさんが呼び込んでくれるから初心者にはもってこいだと思う。

「お兄さん一回見ていって」

「時間サービスするよ」

「かわいい子だよいい子だよ」

 

だとか。

 

自分から行くんじゃなくて呼ばれたから、声かけられたから入るみたいな動機が生まれる。

だからとても入りやすい。

 

 

やっぱここのすごいとこは顔をみながら選べるってこと。

生の人間の顔を見て選べる。

そりゃすげえかわいい子めっちゃいるわけ。

ギャル系も

モデル系も

熟女系も

コスプレも

 

ほとんどのニーズを満たしてくれる。

 

街中でかわいい子見たとき男ってのは少しでもこんな子とヤリてえなと絶対考えると思う。

その夢がかなうのが飛田新地だと思う。

だから自分の好みの子とセックスできる素晴らしい夢の国だ。

 

 

今回俺が選んだのは熟女系。

熟女が好きなのもあるけど呼び込みのおばさんに安くするからと説得されたのもでかい。

1万円でたぶん20分くらいだったと思う。

童貞な俺だけどセックスしてみたけどあんま気持ちよくなかった。

64でイッタ。64が一番よかったかな。

とりあえず俺のイチモツがギンギンにあんまならなかった。

その理由としてやはり今回は人選ミスだった。

おっぱいは垂れ下がってて

お尻の肌感とかクソだし

やっぱ若い子じゃないとだめだね。

でも若い子だったらすぐイッてたかも。

やばいでしょ巨乳で肌もきれいでそんな半端ないと思う。

まあ今度は若い子を選ぶかな。

 

今回初めて風俗というものに行ったわけだけど素晴らしい場所だと思った。

彼女たちはこの仕事に誇りをもってやっている。

男の欲望を満たすために。

少し冷やかしの目を持っていた僕だけど考えかたが変わった。

今回の相手をしてもらった人は30代の人でいろいろ親切に優しくしてもらった。

すげえサービスだったよ。満足したし。

最後にその人に飴を貰った。

飛田新地ではその飴も持っていることでここでプレイしましたっていう意味とこの飛田新地という場所を冷やかしたりしませんリスペクトしますという意味を持っているってその人に言われた。

 

童貞の人はセックスしたいなら行ってみるべきだと思う。

まあ俺は俗に言う素人童貞になったわけだけど全然気にならない。

なにか俺の中で変わるかなと思ったけど何も変わらなかった。

別に素人童貞とか言われるのがいやだからだとか気にするもんじゃない。

セックスという物を知れるし、女の子の体も知れる。

得体のしれない存在の全貌知れるのだ。

少しは女の子に自信をもって接することができる。

だから童貞で女の子が苦手なひとは行くべきだと思う。

 

なにか俺は童貞を卒業すればなにか変わるのかと思ったがなにも変わらなかった。

変な幻想をセックスに対して抱いていたのかもしれない。

童貞卒業っていうのは好きな女の人とセックスをして愛のある中でセックスでイケたら卒業なんだと思う。

だから愛のないただかわいい人とのセックスでは童貞卒業とは言えない。

 

とりあえず今回風俗というものが知れてよかった。

また行きたいと思う。

 

 

 

広告を非表示にする