大学生の日常

大学生の僕が日々考えてることや、日常で起きたことをダラダラと書いていきます。人生なんかに意味なんかない。今この時を楽しむ。

明治政府 日本史上最大のずぶずぶ政治。

学校で行われる歴史の授業では、本当の歴史は教えてくれません。

日本では良い部分しか教えてくれません。

本当の歴史を知るためには自分で学ぶしかありません。

なぜ日本は戦争をしたの?天皇とはなにか?

あなたは説明できますか?

真実の歴史を知ることはとても大切だと思います。

真実を知るとは悪いところも良いところも両方みることだと思います。

 

現代にあふれている日本大好き民。

自分の国はこんなにも素晴らしいということをテレビを通して、メディアを通して発信されている国は他にはないでしょう。

日本からだけの眺めではなくて、外から見た眺めも必要です。

外から見た視点を知る為に、歴史を学ぶのです。

 

今回は明治政府を取り上げます。

徳川幕府から政権が移り、薩摩、長州、土佐藩を中心とした武士が政権を握り、明治政府はスタートされました。

どこがずぶずぶなのか見ていきましょう。

 

明治時代の「軍国主義」、「財閥」はどのようにして生まれたのか。

 

明治政府のスタートは戊辰戦争を経て徳川幕府を倒したところからスタートしました。

明治維新は1868年の幕末の出来事でした。薩摩藩土佐藩の武士が中心となり行われました。

彼らは普通の武士でした。

これこそが問題の根源だった。

武士が中心となって政府を運営するには問題があった。

それは財務能力がまったくないことだった。

政府は運営のお金のことがまったくもって分からなかった。

明治政府は財務という所がすっぽり空いていたのだ。

彼らに変わって日本経済を動かし始めたのが商人財閥だったのだ。

 

この時代に続々と、民衆を金で支配する「財閥」が形成されたのである!

なぜ商人が支配力を握ったのだろうか。それは、明治政府の幹部に、商業に通じた者が一人もいなかったからである。

 

 

財閥が実権を握った。

その中心が三井と三菱であった。

なぜ三井と三菱が生まれ実権を握れたのか見ていこう。

 

三井財閥はどのように誕生したか?

 

江戸に三井両替商があった。これが三井財閥に変化する元店だ。

ある日、三井両替商は政府のお偉いさんの小栗上野介という人物から軍費として莫大な資金をよこせと言われた。

その金額を払うと破産してしまうことを意味していた。

これは困ったな。どうしようかなと悩んでいる時にある人物に助けを求めた。

その人物とは美野川利八という人物であった。

 

会話シーン

 

美野川は小栗家と中の良い人物であった。

三井 「美野川くん小栗家に話をしてくれんか。あんな大金うちでは出せんのだ」

美野川 「はーそうですか。まあ話してみましょうか」

そうして美野川は小栗家に話をして三井家は奇跡的に助けられた。

三井 「ありがとう。美野川くん。お礼に三井家に入ってくれんか?手厚い報酬をあげるよ」

美野川 「ぜひ三井家に入らせてもらいます」

こうして美野川は三井家にヘッドハンティングという形で入っていった。

その後三井は幕府に商才を認められ、大きく成長していった。

そして美野川は名前を変え、三野村利左エ門となり、三井の中心人物となった。

ここから三野村は才覚を表し、三井財閥を築いていく。

 

三野村「なんか最近徳川幕府しょーもないし、先がなさそうだな。新政府ができそうだからお金が欲しいとなったら融資してあげよう」

 

三井は巨額のお金を新制府に融資した。

ここから新政府を支配する三井が動き出した。

財政に弱い新政府に気づいた三野村はお金をたくさん貸しておけば、新政府の財務の主導権をすべて握ぎれることに気づいていた。

そして三井は新政府の財務を総なめにしたのである。

この三野村利左エ門は最強に頭が良く、腹黒い男である。

こうして三井は政府の中心となっていった。

 

三菱財閥の誕生。最強の横領の男 岩崎弥太郎

 

廃藩置県が行われる中で、三菱財閥を生み出した。

岩崎弥太郎という人物は土佐生まれで、土佐藩であった。

土佐藩の中で岩崎弥太郎は力を持つ人間だった。

土佐藩の仲間、後藤象二郎がある問題を起こす所から話ははじまる。

 

 会話シーン

 

後藤 「やべえ、今土佐藩めちゃくちゃ借金あるんだ」

後藤は外国商人に大きな借金をしていた。

後藤 「すまんが、岩崎。土佐藩を助けてくれんか。俺の力ではどうしようもできん」

岩崎 「そうですか。じゃあそれなら条件があります。長崎にある土佐藩の財産を僕にくれたらどうにかしてあげましょう」

 

この願いを聞き入れ岩崎は財産を手に入れた。

その後、岩崎は坂本竜馬が殺されると、後藤が長崎に持っていた財産と竜馬から託されていた7万両を全部頂いた。

それから岩崎は大阪にある土佐の会社を貰い、運営し、土佐藩の開運事業も握るようになった。

これにより土佐藩所有の船舶などの財産が岩崎の所に収められた。

そして、岩崎は巨額の財産の受け皿となる会社を設立し、公有財産が私有財産になるまで作業は積み重ねられた。

そして最後に明治6年3月に三川商会を三菱商会と名前変え、これによって三菱財閥が生まれた。

 

 

土佐藩の借金はどうなったのだろうか?廃藩置県の本当の狙い

 

同じ時代に、薩摩藩長州藩も莫大な借金を外国商につくっていた。この金によって大量の武器を買い込み、武力クーデターで明治維新を成し遂げた。

明治4年の廃藩置県によって、薩摩藩土佐藩長州藩も、藩が消滅したので返済の義務から解放され、藩積処分の名のもとに、明治政府が代わって支払うことになったのである。

しかし明治政府要人が自分の金で払ったわけではない。彼らは、莫大な金額の徴税をおこない、農民から集めた血税をもとに、政府の金庫から外交商に支払ったのである。

 

 

廃藩置県には借金をちゃらにするという狙いがあったのだ。

自分たちでは払わず、国民に払わす。

なんて残酷なことをするのだろうか。

血も涙もないのが明治政府だった。

 

三井と三菱はその語日本の主要の産業を共に経営していき、一つの大きな塊になっていく。

 

こうして、金銭第一主義と名付けるべきひとつのかたまりが形成された。

この集団的な明治思想を生み出した根源は、文明力、機械化において日本よりはるかに先を歩んでいたアメリカ、ヨーロッパに追いつこうとする軍国主義と工業思想にあった。

 

 

どうだろう。

明治政府がずぶずぶ政治だったことが分かるだろう。

金が政治を支配する。

そのお金と結びついた政治の暴走は止められない。

商人が政治をするとろくなことにはならない。

明治政府の暴走が国民を操り、戦争に向かわせ、日本を破壊していった。

その間違いに向かっていった根源には明治政府があったのだ。

 

 

日本現代史入門を参考に書きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サピエンス全史を読んで。これは一種の自己啓発本である。

 

この本に書いてあるこの要約にこの本の大事なところが書いてある。

これだけでもかなり面白い。

人間が作った歴史や制度や国は虚構の上に成り立ってる。

 

アフリカでほそぼそと暮らしていたホモ・サピエンス食物連鎖の頂点に立ち、文明を築いたのはなぜか。
その答えを解く鍵は「虚構」にある。
我々が当たり前のように信じている国家や国民、企業や法律、さらには人権や平等といった考えまでもが虚構であり、
虚構こそが見知らぬ人同士が協力することを可能にしたのだ。
やがて人類は農耕を始めたが、農業革命は狩猟採集社会よりも過酷な生活を人類に強いた、史上最大の詐欺だった。
そして、歴史は統一と向かう。その原動力の一つが、究極の虚構であり、最も効率的な相互信頼の制度である貨幣だった。

 わかりやすくすべてを言ってくれている。

かなり直球に。

人間なんて矛盾でできている。

その人間が作るものなんだから歴史なんてのも矛盾している。

この世界ってなんか虚構でできているんじゃね?

神話、宗教、などすべて作られたものだ。

ないとも言えないし、あるとも言えない。

 

サピエンスがすべてを破壊した。

ホモ・サピエンスなどの他の人間に近い動物が地球上にはいた。
だが、15万年前には東アフリカで住んでいた、サピエンスが他の人類種を滅亡させたのは7万年前からである。
なぜサピエンスが力を持ったのか?
それはサピエンス同士が協力するということを始めたからだ
どうやって協力するということができたのか?

 

何万もの住民から成る都市や、何億もの民を支配する帝国を最終的に築いたのだろう?その秘密はおそらく、虚構の登場にある。厖大な数の見知らぬ人どうしも、
共通の神話を信じることによって、首尾良く協力できるのだ。

 

神話の力というのは人々をまとめ上げ、協力を促すことができる。

協力をしなければサピエンスが大きな力を持つことはなかったのかもしれない。

それは宗教や、国家や、企業にも当てはまる。
一種の洗脳という形をとっているとも言ってもいいだろう。

 

効力を持つような物語を語るのは楽ではない。難しいのは、物語を語ること自体ではなく、あらゆる人を納得させ、誰からも信じてもらうことだ。
歴史の大半はどうやって厖大な数の人を納得させ、神、あるいは国民、あるいは有限責任会社にまつわる特定の物語を彼らに信じてもらうかという問題を軸に展開してきた。

 

人間を協力させるために様々な工夫をし、歴史は積み重ねられてきた。

それはどのように人間を信じこませようかということだった。

 

人類史最大の詐欺事件。農業革命。

日々豊かになっている世界で、様々なテクノロジーが出てきているが、人間の本質は狩猟採集民の頃から変わってはいないらしい。
過去200年で人間は大きな変化をした。
だが、この年月は大きな地球の歴史で見れば一瞬でしかない。

狩猟採集民の暮らしは私たちが想像するより豊かな生活があった。

 

健康に良く多様な食物、比較的短い労働時間、感染症の少なさを考え合わせた多くの専門家は、農耕以前の狩猟採集社会を「原初の豊かな社会」と定義するに至った

 

このような生活はあったが、子供の死亡率、病気したらすぐに命を落とすなどの多くの問題はあるが、私たちが想像するより暮らしが存在していたのだ。

今も昔もどこかを断片的に見れば豊かな生活がある、

だが豊かになればどこかは犠牲になる。
すべてが豊かな完璧な世界は今も昔もどこにも存在しない。

豊かな生活を実現する為に行われた農業革命もそうだった。
食べものを育てることで裕福になれると考え、食べ物を作れるようになった。

だが、果たしてそれは人類の豊かさに繋がったのだろうか?

 

人類は農業革命によって、手に入る食糧の総量をたしかに増やすことはできたが、食糧の増加は、より良い食生活や、より長い余暇には結びつかなかった。
むしろ、人口爆発と飽食のエリート層の誕生につながった。平均的な農耕民は、平均的な狩猟採集民よりも苦労して働いたのに、見返りに得られる食べ物は劣っていた。
農業革命は、史上最大の詐欺だったのだ。
では、それは誰の責任だったのか?王のせいでもなければ、聖職者や商人のせいでもない。犯人は、小麦、稲、ジャガイモなどの、一握り食物種だった。ホモ・サピエンス
がそれらを栽培化したのではなく、逆にホモ・サピエンスがそれらに家畜化されたのだ。

 

人間の歴史は裕福になる為に進んでいっているのだろうか。
人間が追い求める豊かさはホントに正しいのだろうか。
現代の世界は本当に豊になっているのだろうか?

 

歴史の数少ない鉄則の一つに、贅沢品は必需品となり、新たな義務を生じさせる。

 現代もスマートフォンは人々を豊かにさせたがそれに縛られ新たな問題も出ている。

新たなものが出てきてもそこに付いてくる問題は目に見えない。

 

迫害の人類ネットワーク

人類がここまで世界を変化させ、サピエンスが大きな力を持てたのは協力する力を持っていたからだ。
人々が協力することで様々な変化を起こすことができた。

それは人間の頭の中で想像するということができたからだ。

協力の根底にあるのが神話であり、想像上の秩序である。
それが大きな力を持ち、人間が協力することができる。

 

人類の協力ネットワークをの大半は、迫害と搾取のためにあった。

 

だが人類のネットワークはほとんど良い活動には使われなかった。

人間の欲望の為に使われた。

どこかの国が犠牲になり帝国に食われていく。

それは大きな巨人が人間を襲うかのように。
人間を食べることで巨人は大きくなっていく。

今世界のほとんどは大きな巨人に食べられてしまい、食べられていない人間は少ない。いずれみんな食べられるだろう。

巨人を作り出したのは他でもない我々人間なのだ。

史上最強になった巨人はこれからどうなっていくのだろうか?

 

 

人間は信じるものがないと生きてはいけない

人はなにか好きな物や信じるものがなければ生きてはいけない。

その力をうまく使うのが想像上の秩序である。それはすべて虚構に根差している。

 

自由人と奴隷、白人と黒人、富める者と貧しい者の間の、以上のような区別は、虚構に根差している。だが、想像上のヒエラルキーはみな虚構を起源とすることを否定し、自然で必然のものであると主張するのが、歴史の鉄則だ。 

 

人をまとめ上げるために想像上のなにかを使う。

権力者はいつもこの技を使う。

 


神などいないが、私の召使いには教えないでくれ、さもないと。

彼に夜中に殺されかねないから。

 


現代はロマン主義が大きな力を持っている。
自分にとって自由とは、欲しいものは、やりたいことは?
この自分の軸がないと町やインターネットにある欲望に押しつぶされてしまう。

 

ロマン主義は、人間としての自分の潜在能力を最大限発揮するには、できるかぎり多くの異なる経験をしなくてはならない、と私たちに命じる。
自らの束縛を解いて多種多様な感情を味わい、さまざまな人間関係を試し、慣れ親しんだものを食べ、違う様式の音楽を鑑賞できるようにならなくてはならないのだ。
これらすべてを一挙に行うには、決まりきった日常生活から脱出して、幼馴染みの状況を後にし、遠方の土地に旅するのが一番で、そうした土地では、他の人々の文化や匂い
味、規範を「経験」することができる。「新しい経験によって目を開かれ、人生が変わった」というロマン主義の神話を私たちは何度となく耳にする

 

果たして人間は豊になるための歴史を歩んできたのだろうか?
人間とは何んなんだろうか?
この本は一種の洗脳を解き、考えさせられる

ぜひ一読してもらいたい。

 

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

 

 

bish彼女たちは最高だ。

bishのライブにやっと行くことができました。

大阪。

bisは何回かライブに足を運んだが、bishは初めてだった。

bisが解散してそれからbishをするということで、まったくどんな感じになるのだろうかと思っていたがファーストアルバムを聞いてそんな悩みもぶっ飛んだ。

やっぱり曲がめちゃくちゃいい。松隈ケンタが作る曲はとても好きだ。

吉田豪もセカンドアルバム「killing bish」は大絶賛。

ほんと「killing bish」は最高のアルバムだと思う。

たくさんのいい曲が入っているし、名曲「オーケストラ」も生まれた。

「オーケストラ」が気になる方はぜひ見てほしい。


BiSH / オーケストラ[OFFICIAL VIDEO]

 

bishの音楽性はセカンドアルバムから爆発的に広がった。

 

今回のライブでは鬼バンドという生のロックバンドがついてツアーを回る。

この生バンドとbishがかなりマッチしていてめちゃくちゃかっこいい。

 

bishダンスってなにかを表現する為のダンスが多い。

音に合わせるのではなく、なにかを表現するダンス。

だから見ていても面白いし、なにを表しているんだろうと考える。

 

メンバーの個性も素晴らしい。

チッチとアイアナの歌声はすごく、パワーは半端じゃない。

今回のライブでこのメンバーの個性の素晴らしいさ、みんな好きになった。

 

これから彼女たちはどんどん大きくなっていくだろう。

僕は応援していきたい。

 

 

 

 

就活は絶望なのだろうか。

日本の新卒採用は最強にいい制度だと思います。

なんの経験のない、スキルもない、ぐーたらな大学生を企業は雇ってくれるから。

この制度は他の国にはない素晴らしいものです。

外国のでの就職はスキルがないと雇ってくれません。

日本の大学生は新卒という最強のチケットを持っている。

もしかしたら大企業にも入れるチャンスがあるのかもしれない。

そこから夢の人生が待っているのかもしれません。

 

僕は就職活動を4年の1月にスタートしました。

それまで就職する気はなかったのですがいろいろ考えた結果やろうと考え、

まあとりあえず就職ってやつです。

どこでもいいから就職します。

そこからまあいろいろ考えたいと思います。

それでいいのか全然わかりません。とりあえず働くってことが怖くてならない。

企業で実際働いてみないと、そこの雰囲気はわからないし、調べても、どんだけ人の話を聞いてみても実際問題わからないだらけだと思う。

 

新卒の面接は人物重視と言われる。

自分とはなにか、強みは、弱みは、どんな人間か?

そんなこと22年くらいの人生では分からないし、この問いは一生かけて問いかける問題だ。

自分なんてあるのかさえも分からないし、人間なんて環境の動物なんだからその場の環境で人間なんて変わるものだと思っている。

だから就活というのはつらいものだと思う。

自分とはこういう人間だといろいろ考え、履歴書に書き、面接官に話す。

でも就活がうまく行く人もいれば、行かない人もいる。

成功すればなにも考えなくてもいいが、落とされまくっている人はまじで絶望のなにものでもないと思う。

だって自分を否定されまくっているから。そこから禅問答の世界に突入する。

自分のことを話し落とされ、なにがダメなのか分からない。話す内容なのか、態度が悪いのか、言葉使いか、顔がだめなのか。

そのことがぐるぐる頭の中を駆け巡る。

答えのない問を考えないといけない。

これではホント頭おかしくなる。

 

面接官も人間なので人間が判断することなので好き嫌いがあります。正解などない。

その人が決める結果にすべてかかっている。

愛嬌のいい奴だとか、話がうまい奴、人から好かれる奴、これって結構生まれつきだとか、性格もあるが、すぐには変化させることはできないと思う。

努力ではどうもできない領域ではない。

嫌われる奴は嫌われるし、好かれる奴は好かれる。

 

新卒は人物重視だから素晴らしいとは言われているが、なにか大きな矛盾で出来上がっていると思う。

 

自分という虚構を作りあげ、最高の演技を成し遂げた奴がこのゲームは勝利するのだろう。

 

one ok rockの新しいアルバムのことについて書く。

 

Bedroom Warfare

Bedroom Warfare

 

僕は中学生の時からワンオクを聞いていた。大好きで周りの友達もみんな好きで人気のアーティストだった。

その中でも「nicheシンドローム」は大好きだった。これを聞くと中学校や高校の時を思い出す。

だが大学生くらいからだろうかワンオクは聞かなくなった。新しく曲が出ても全然聞く気にならなかった。ライブを見に行ってもなんか違うなと思った。

ワンオクの人気はうなぎ上りで、変に女性のファンが増えていて、ジャニーズ化していると感じた。アーティストとしては見れなくなっていた。

僕の周りでも昔はワンオクが好きだったけどもうあまり聞かないという人が多かった。

 

でもどうだろうか今回のアルバム。

めちゃくちゃいい。大好き。リピート再生しまくっている。

新しいアルバムが出る前に何曲か先行で配信されていたので聞いてみたら、鳥肌が立った。それから発売されてから即効で買いに行った。

全部聞いた。すべてが良かった。

今までのと違うワンオクがいた。進化していた。めちゃくちゃかっこよくて、楽曲性もすげえことになっている。彼らも外国でライブをたくさんして力をつけたんだろう。

でもこんなにも変わるものかと思った。

youtubeでニューヨークでやっていたライブを見たがすごい人気。

今回のアルバムはいろんな国で1位を取っている。

もう彼らは世界的なロックバンドだ。

 

今回のアルバムは好き嫌いに分かれるのかもしれない。

今までのワンオクとは違いすぎて嫌いになる人もいるのかも。

だが離れていたワンオク好きの人が戻ってくるかもしれない。

ワンオクなんて知らなかった、音楽好きの人は今回のアルバムを聞たらなんだこいつらすげえぞとなること間違いなしである。

俺の好きなワンオクが戻ってきた。最強になって。

たぶんこれからライブにも行くし、新しい曲が出てもわくわくして待つだろう。

日本の最強の国民的ロックバンドだ。

 

 

「ドントプリーズ」 すごいホラーを見てしまったようだ。

 

あらすじ

街を出るための資金が必要なロッキーは、恋人マニー、友人アレックスと共に、大金を持っているといううわさの目の見えない老人の家に忍び込む。だが、老人(スティーヴン・ラング)は、驚異的な聴覚を武器に彼らを追い詰める。明かりを消され屋敷に閉じ込められた若者たちは、息を殺して脱出を図るが……。

 

普段ホラーの映画はあまり見ないし、見てもショーもないものしか見たことがなかった。だがこれはまったくちがった。

最高のエンターテイメント。

最初から最後まで気が抜けず、終始力が入ったままだった。

なんだかアトラクションのような感じだろうか。

映画館でこれほど楽しめるものないだろう。

映画のすごさ、そしてこの作品のすごさに気づく。

怖いのか、恐怖なのか、驚きなのか、哀しいのか、気味が悪いのか。

どの感情か分からないほどに入り混じる。

あなたもこの気持ちを感じてほしい。

中身のあるストーリーもきちんとあり、ほんとに20年に1度の作品なのかもしれない

これからネタバレも含めてなにがすごいかつらつらと書いてみたい

 

ストーリ性もしっかりある

ホラーの中でストーリ性もマッチした作品は少ないと思う。

この作品では事故で娘を失ない大金を手にした悲しいおじいさんとお金がなくひどい家庭環境に育ちそこから飛び出したい女という二人が主で存在している。

二人ともに哀しさがある。おじいさんがただのサイコパス的な野郎だったら普通だが、

普通の人間で、娘を失った悲しみに耐えれない人間というところが大きくストーリーに関係している。

ありそうでなかったストーリー。

すべてが繋がり、絡み合う。

 

始まりから終わるまで力が入る

目が見えない老人は何をするかまじでわかりません。

ホント終始目が離せないです。いつどこでなにが起こるのか。

予測もつかない展開が起こるので見入ってしまう。

映画をあまり見ない友人を連れていきましたが、「なんか疲れたわ」と言ってました。映画でそこまで感じさせるすごさ。

これこそエンターテイメント

 

最高のエンターテイメント

見ている人を飽きさせず、楽しませるこれこそ最高のエンターテイメントだ。

人間の恐怖に対する楽しみ。恐怖を感じたいという逆説的な感情が人間にはある。

想像もつかない恐怖に対する興味はよりそそられる。

これがとても楽しくもあり、心を動かす。

感動の映画ではない、恐怖の映画てのもとてもいいなと。

これをみてほんと最高だなと感じだ。

 

間違いなくあなたを楽しませること間違いない。

狙っている女の子と見に行くなんて最高の映画だ。

恐怖を共に感じるのはお互いにいい影響を与える。

ぜひ行ってほしい

 

 

欅坂の人気の理由とは

欅坂46の勢いが止まらない。

今年デビューを飾りいきなり紅白デビュー。

1stのサイレントマジョリティーでできがあまりにも良すぎて度肝抜かれた。

秋元康の本気を見せつけられた。

欅坂は中高生を中心に、若い人にターゲットを絞られて、

その子たちに響く歌詞を書き、ナチスの服で問題になったが、

カッコいい服を着た、かわいい同じような年齢の子が歌うことで直に心に響くんじゃないかと思う。

今回の欅坂ってかけないの番組の中で、男ももちろんだけど、今、女性をかなり虜にしているんだと感じた。人気になりすぎたせいもあるかもしれないが、女性があこがれるアイドル。その印象がかなり強くなった。

メンバーもアイドルになり、夢が叶い、同年代にこうやってメッセージを伝えれてるっていうのはほんとに幸せなことだと思う。ねるの涙に感動しました。

 

やっぱり自分の身近に感じられるアイドルということが大きいと思う。

こんなにも世間の認知度は広がり、人気がでるものかとかなり驚いた。

秋元康に蓄積されているアイドルのノウハウが半端ないからだろうか。

アイドルってのは奥が深いと思う今日この頃。