大学生の日常

大学生の僕が日々考えてることや、日常で起きたことをダラダラと書いていきます。人生なんかに意味なんかない。今この時を楽しむ。

就活は絶望なのだろうか。

日本の新卒採用は最強にいい制度だと思います。

なんの経験のない、スキルもない、ぐーたらな大学生を企業は雇ってくれるから。

この制度は他の国にはない素晴らしいものです。

外国のでの就職はスキルがないと雇ってくれません。

日本の大学生は新卒という最強のチケットを持っている。

もしかしたら大企業にも入れるチャンスがあるのかもしれない。

そこから夢の人生が待っているのかもしれません。

 

僕は就職活動を4年の1月にスタートしました。

それまで就職する気はなかったのですがいろいろ考えた結果やろうと考え、

まあとりあえず就職ってやつです。

どこでもいいから就職します。

そこからまあいろいろ考えたいと思います。

それでいいのか全然わかりません。とりあえず働くってことが怖くてならない。

企業で実際働いてみないと、そこの雰囲気はわからないし、調べても、どんだけ人の話を聞いてみても実際問題わからないだらけだと思う。

 

新卒の面接は人物重視と言われる。

自分とはなにか、強みは、弱みは、どんな人間か?

そんなこと22年くらいの人生では分からないし、この問いは一生かけて問いかける問題だ。

自分なんてあるのかさえも分からないし、人間なんて環境の動物なんだからその場の環境で人間なんて変わるものだと思っている。

だから就活というのはつらいものだと思う。

自分とはこういう人間だといろいろ考え、履歴書に書き、面接官に話す。

でも就活がうまく行く人もいれば、行かない人もいる。

成功すればなにも考えなくてもいいが、落とされまくっている人はまじで絶望のなにものでもないと思う。

だって自分を否定されまくっているから。そこから禅問答の世界に突入する。

自分のことを話し落とされ、なにがダメなのか分からない。話す内容なのか、態度が悪いのか、言葉使いか、顔がだめなのか。

そのことがぐるぐる頭の中を駆け巡る。

答えのない問を考えないといけない。

これではホント頭おかしくなる。

 

面接官も人間なので人間が判断することなので好き嫌いがあります。正解などない。

その人が決める結果にすべてかかっている。

愛嬌のいい奴だとか、話がうまい奴、人から好かれる奴、これって結構生まれつきだとか、性格もあるが、すぐには変化させることはできないと思う。

努力ではどうもできない領域ではない。

嫌われる奴は嫌われるし、好かれる奴は好かれる。

 

新卒は人物重視だから素晴らしいとは言われているが、なにか大きな矛盾で出来上がっていると思う。

 

自分という虚構を作りあげ、最高の演技を成し遂げた奴がこのゲームは勝利するのだろう。

 

one ok rockの新しいアルバムのことについて書く。

 

Bedroom Warfare

Bedroom Warfare

 

僕は中学生の時からワンオクを聞いていた。大好きで周りの友達もみんな好きで人気のアーティストだった。

その中でも「nicheシンドローム」は大好きだった。これを聞くと中学校や高校の時を思い出す。

だが大学生くらいからだろうかワンオクは聞かなくなった。新しく曲が出ても全然聞く気にならなかった。ライブを見に行ってもなんか違うなと思った。

ワンオクの人気はうなぎ上りで、変に女性のファンが増えていて、ジャニーズ化していると感じた。アーティストとしては見れなくなっていた。

僕の周りでも昔はワンオクが好きだったけどもうあまり聞かないという人が多かった。

 

でもどうだろうか今回のアルバム。

めちゃくちゃいい。大好き。リピート再生しまくっている。

新しいアルバムが出る前に何曲か先行で配信されていたので聞いてみたら、鳥肌が立った。それから発売されてから即効で買いに行った。

全部聞いた。すべてが良かった。

今までのと違うワンオクがいた。進化していた。めちゃくちゃかっこよくて、楽曲性もすげえことになっている。彼らも外国でライブをたくさんして力をつけたんだろう。

でもこんなにも変わるものかと思った。

youtubeでニューヨークでやっていたライブを見たがすごい人気。

今回のアルバムはいろんな国で1位を取っている。

もう彼らは世界的なロックバンドだ。

 

今回のアルバムは好き嫌いに分かれるのかもしれない。

今までのワンオクとは違いすぎて嫌いになる人もいるのかも。

だが離れていたワンオク好きの人が戻ってくるかもしれない。

ワンオクなんて知らなかった、音楽好きの人は今回のアルバムを聞たらなんだこいつらすげえぞとなること間違いなしである。

俺の好きなワンオクが戻ってきた。最強になって。

たぶんこれからライブにも行くし、新しい曲が出てもわくわくして待つだろう。

日本の最強の国民的ロックバンドだ。

 

 

「ドントプリーズ」 すごいホラーを見てしまったようだ。

 

あらすじ

街を出るための資金が必要なロッキーは、恋人マニー、友人アレックスと共に、大金を持っているといううわさの目の見えない老人の家に忍び込む。だが、老人(スティーヴン・ラング)は、驚異的な聴覚を武器に彼らを追い詰める。明かりを消され屋敷に閉じ込められた若者たちは、息を殺して脱出を図るが……。

 

普段ホラーの映画はあまり見ないし、見てもショーもないものしか見たことがなかった。だがこれはまったくちがった。

最高のエンターテイメント。

最初から最後まで気が抜けず、終始力が入ったままだった。

なんだかアトラクションのような感じだろうか。

映画館でこれほど楽しめるものないだろう。

映画のすごさ、そしてこの作品のすごさに気づく。

怖いのか、恐怖なのか、驚きなのか、哀しいのか、気味が悪いのか。

どの感情か分からないほどに入り混じる。

あなたもこの気持ちを感じてほしい。

中身のあるストーリーもきちんとあり、ほんとに20年に1度の作品なのかもしれない

これからネタバレも含めてなにがすごいかつらつらと書いてみたい

 

ストーリ性もしっかりある

ホラーの中でストーリ性もマッチした作品は少ないと思う。

この作品では事故で娘を失ない大金を手にした悲しいおじいさんとお金がなくひどい家庭環境に育ちそこから飛び出したい女という二人が主で存在している。

二人ともに哀しさがある。おじいさんがただのサイコパス的な野郎だったら普通だが、

普通の人間で、娘を失った悲しみに耐えれない人間というところが大きくストーリーに関係している。

ありそうでなかったストーリー。

すべてが繋がり、絡み合う。

 

始まりから終わるまで力が入る

目が見えない老人は何をするかまじでわかりません。

ホント終始目が離せないです。いつどこでなにが起こるのか。

予測もつかない展開が起こるので見入ってしまう。

映画をあまり見ない友人を連れていきましたが、「なんか疲れたわ」と言ってました。映画でそこまで感じさせるすごさ。

これこそエンターテイメント

 

最高のエンターテイメント

見ている人を飽きさせず、楽しませるこれこそ最高のエンターテイメントだ。

人間の恐怖に対する楽しみ。恐怖を感じたいという逆説的な感情が人間にはある。

想像もつかない恐怖に対する興味はよりそそられる。

これがとても楽しくもあり、心を動かす。

感動の映画ではない、恐怖の映画てのもとてもいいなと。

これをみてほんと最高だなと感じだ。

 

間違いなくあなたを楽しませること間違いない。

狙っている女の子と見に行くなんて最高の映画だ。

恐怖を共に感じるのはお互いにいい影響を与える。

ぜひ行ってほしい

 

 

欅坂の人気の理由とは

欅坂46の勢いが止まらない。

今年デビューを飾りいきなり紅白デビュー。

1stのサイレントマジョリティーでできがあまりにも良すぎて度肝抜かれた。

秋元康の本気を見せつけられた。

欅坂は中高生を中心に、若い人にターゲットを絞られて、

その子たちに響く歌詞を書き、ナチスの服で問題になったが、

カッコいい服を着た、かわいい同じような年齢の子が歌うことで直に心に響くんじゃないかと思う。

今回の欅坂ってかけないの番組の中で、男ももちろんだけど、今、女性をかなり虜にしているんだと感じた。人気になりすぎたせいもあるかもしれないが、女性があこがれるアイドル。その印象がかなり強くなった。

メンバーもアイドルになり、夢が叶い、同年代にこうやってメッセージを伝えれてるっていうのはほんとに幸せなことだと思う。ねるの涙に感動しました。

 

やっぱり自分の身近に感じられるアイドルということが大きいと思う。

こんなにも世間の認知度は広がり、人気がでるものかとかなり驚いた。

秋元康に蓄積されているアイドルのノウハウが半端ないからだろうか。

アイドルってのは奥が深いと思う今日この頃。

テレビ崩壊の先陣が切られた。

動画配信サービスが熱を帯びてきている。

netflix,hulu.u-next,amazonprime

たくさんの会社が動画の配信をしている。

徐々に利用する人は増えてきている。

少し前にも動画配信のサービスはあったが、時代が追いついて居なかったんだと思うが、利用者は少なかった。

それはまだテレビがおもしろいと思われていたから。

だが今のテレビはどうだろう。やらせ、おもしろくない。そんなことが業界には包まれている。

世間の目が厳しくなり、おもしろい番組なんて作れるわけない。

狭い世界で作られた番組なんてどう考えてもおもしろいものなんて作れるわけがない。

なんでもありの世界、自由を感じさせてくれるのがテレビじゃなかったのかよ。

使えるお金も少なくなり、大きな企画もできない。

こんな状態じゃどうしようもない。仕方がない。

これは僕たち世間の人間が作り出してしまった状況だ。

 

テレビ局も放送した番組を後日に配信するサービスを始めた。これはまあ便利だとは思うが、配信してcm流すだけのなんてことないサービスだ。

それに比べて動画配信サービスではその会社ならではのオリジナル企画を作り、それによって客を増やしている。

配信する作品はたくさんあるが結局どこの会社もあまり配信されている作品の種類はあまり変わらないし、同じものも多い。

だがオリジナル動画がそれぞれの会社では作られるから、それが大きな売りとなっている。

これからはオリジナル動画の質によってその会社が利用されるのか審査されだろう。

まあ動画配信のサービスでは潤沢なお金も使えるし、視聴者の目をあまり気にすることなく作ることができる。

これから番組はテレビ局が作るんじゃなくて、動画配信会社が作る時代に突入した。

配信会社のほうが面白い番組が見れるんだ。

 

今回amazon prime から配信された松本人志が作った「ドキュンメンタル」

これを見た時に鳥肌が立ったし、これはおもしろいとホント心の底から思った。

それは松本人志が考え付いた史上最強のお笑いだったのかもしれない。

でもこれはテレビから離れたからできたことだとも思う。

視聴者にお安いお客さんはいらない。本当にお笑いを好きな人に見てほしい。

周りの人を気にせずに自分だけがおもしろいと思う企画を作ることができる。

この自由が動画配信サービスにはある。

楽しみでしかたない。

これから面白い人たちがおもしろいものを生み出す場所はテレビではなく、

動画配信サービスにおいて作られるだろう。

 

欅坂46の炎上の件についての爆笑問題太田の見解

欅坂46の服がドイツのナチスの服に似ているということでとても問題になった。

なぜナチスの服に似たものを着てはいけないのか。

こちらを参考にしていただきたい。

ameblo.jp

 

ただシンプルにかっこいいから。それだけだった。

かっこいいから人は引き寄せられる。それによってあの忌まわしい集団が作られるそういう記憶があるかららしい。

メディアを駆使したデザイン性の高いものを使うこのやり方をナチスはやっていたのだ。

それが今回の欅坂46の衣装の問題となった。

 

爆笑問題カーボーイでこの欅坂46の件について面白いことを太田が言っていたので引用さしてもらう。

 

サイレントマジョリティっていう歌ね、すごくいいんだけど、あれはナチに似たあれでね、秋元さん謝っていたけど俺ねーあれなんども聞いいてんのサイレントマジョリティって、あの歌詞の内容はいわゆるみんなの意見に流されるな、それが一番危険なんだ、道なき道を行けと、自分の考えで付き進め、それはいばらの道だけど、お前イエスでいいのかと、問いかけてんですよ。つまり、俺の解釈ですよ。あーいうナチズムみたいな全体主義の服を着た女の子たちがあーいう踊りをしながらこそ、だからこそ、メッセージを伝えることができる。あれを謝ることではない、説明を加えればいいだけ」

 

 

松本人志が贈る 史上最強の笑ってはいけない

アマゾン限定で配信される動画だ。

11月30日に配信されたばかり。

松本人志が前から考えていた企画が実現した。


千原ジュニア×松本人志

1人100万円を持ってきて集まり、笑ったら終わりで、最後まで笑わなかった人が1000万を貰えるという企画。

人気企画笑ってはいけないの無駄な部分をそぎ落とした、ガチの芸人どうしの戦いだ

前に千原ジュニアと松本が話している時に松本がやりたい企画と話していて、どこかでやらしてくれないかということを話していた。

その願いが叶った。

 

9人の芸人が1つの部屋に集められ6時間という決められた時間で笑わせ合いが始まる。

1話を見たが相当おもしろいし、芸人の緊張感が伝わる。本気の笑わせ合がどういう方向に行くのか分からないが、今まで見たことがないものを見せてくれるような気がした。

 

集められた芸人がこれまたすごいモンスターばかり。

松本人志が呼んだ芸人の中でも松本人志に認められた芸人だけが出るこができる。

 

宮川大輔

フジモン

トレンディエンジェル 斎藤

天竺鼠 川原

野生爆弾 川島

ジミー大西

トロサーモン 久保田

ダイノジ 大地

東京ダイナマイト はちみつ

アントニー

 

この10人で争われる。

このメンツ。選ばれた猛者たち。

この10人が争ったときに起こる科学反応がかなり気になる。

だれが生き残るのだろうか。

 

松本人志は「テレビでは絶対に視聴率はとれないでしょうね。本当に一生懸命に見てもらわないとこの面白さはわからない。相当お客さんを選ぶ。本当に好きな人はのめりこめるように作った。」

これ芸人だけではなく、普通の人などいろんな人を使うことも考えている様なので面白いシリーズがこれからも続いていく可能性がある。

最近のおもしろくないお笑いの企画ばかりだったが、これは胸躍らせる、久しぶりに大爆笑をした企画だ。楽しみでしかたない。

アマゾンさんには本当に感謝したい。